Pocket

こんばんわ

今日は結婚式での楽曲使用について纏めたいと思いますので、
これから式を挙げられる方、新郎新婦にムービーを作成してプレゼントする方などは必見です。

自分自身今、友人のムービーを作っておりますが、
著作権の兼ね合いがかなり複雑にあり、難航している状態です。
そのため、備忘録も兼ねて纏めていきたいと思います。

晴れの結婚式、新郎新婦をお祝いするために好きな曲を使って、
良いムービーや余興を提供したくてもできない、もしくはしづらい状況。
なんだか息苦しいですね。笑

権利と金ばっかり主張する人たちには嫌気がさしますが、
ここ日本ではそれがまかり通っており、従うしかないのが現状です。

とくに結婚式では持ち込みなども制限されているところがあり、
それにあわせて好きな曲やムービーも作れないとなると、
もうガチガチに固められてるような感じです。

新郎新婦が主役で、せっかくのお祝いの場所なのに制限制限ばかりで、
本人たちを思うわけでもなく権利と金を主張するのは本当にむかつきます。笑
そういった意味でブライダル業界や音楽業界が衰退していったとしても、
自ら撒いた種だと思うので、致し方ないかなと。

ただ、自分自身写真をとっていて、それらを勝手に使用されたり、
食いものにされるのは嫌なので、楽曲を提供しているアーティストのためにも
しっかりと著作権というややこしい内容を理解し、活用していきたいと思います。

スポンサーリンク

著作権の種類について

まず著作権は包括的な読み方でその中に複数ある権利のことです。
今回は結婚式に対して主に関わってくる権利について簡単に説明したいと思います。

・複製権
結婚式ではムービー作成にあたり、まるまる一曲使用するという使い方よりも、
一部を切り取り、つなぎあわせるような形で使用することが多いと思います。
そこで関係してくるのがこの複製権です。

・演奏権
これは余興などでバンドや歌などで楽曲を演奏する際に関わってくる権利になります。
他にも楽曲の入った音楽CDを流す(再生)だけでもこの権利が関わってきます。

結構浸透している知識として、「私的利用なら問題ないでしょ」
「収益あげてないんだから良いじゃん」という考えがあるかと思います。
実際に自分もこの考えをもっていました。

この考えについては間違っていないですが、
「私的」という部分の定義が大事になってきます。
どうやら一般的には以下の理由から結婚式では「私的」と言えないようです。
これはISUMという一般社団法人のHPからの引用になります。

Q3.

自分の結婚式で利用するために市販CDに収録された楽曲を複製することは、なぜ私的使用の範囲を超えるのでしょうか?

A3.

〝私的使用〟とは、自分が楽しむため(家族や家庭内を含む)が前提となります。披露宴での上映を目的とした複製は多数に向けているため私的使用とは捉えられません。なお、挙式者などから委託された事業者が複製する場合は当然に私的使用の範囲外となります。

家庭内や複数人の仲間内で楽しむ分には問題ないのでしょうが、
不特定多数の方々が来られる場では上記理由により觝触してしまう可能性が高そうです。

申請先はどこになるの?

結婚式に関わる権利についてはある程度わかったところで、
じゃあ使用するためにはどういう手順を取るかを纏めていきたいと思います。

今現在自分もこの問題に直面しているため、不足等あるかと思いますが、
そのあたりは調べ終わり次第補足していきたいと思います。

演奏権
JASRAC http://www.jasrac.or.jp

こちらに直接申請する必要があるようです。
HP内に申請用紙のダウンロードがあるので、
そこから必要事項の記載をし、申請します。
料金についてはシュミレーションできますが直接問い合わせたほうが早いかと。

複製権
⑴JASRAC http://www.jasrac.or.jp

JASRACに使用される作品がある方はJASRACに申請する必要があります。
管理作品検索画面 J-WID

⑵各レコードレーベル

自作のDVDなどで曲を編集して流す際には上記2箇所に申請する必要があるようです。
(面倒くさい笑)

理由としては曲の利用は著作権団体(今回の例ではJASRAC)に、
音源の利用に関して各レーベルに、ということのようです。

JASRACの管理作品でない場合はどうしたら良いのか・・・?
現在調査中のため、またこの部分についてはアップデートします。。

各レーベルに申請してお金が発生するのかどうかというのも未調査です。

おそらく日本の邦楽を使用するというのであればほぼJASRACが管理していると思うので、
とくに問題ないですが、海外の楽曲を使用する際にはまた話が変わってきそうですね。。。

結婚式特化の申請機関

ISUMという名称を先ほど使いましたが、それは結婚式に特化した申請代行機関のようです。

もういろんな権利や団体が出てきて頭がパンク寸前ですが、
こちらについても現状わかる範囲で記載致します。

ISUMとは

一般社団法人音楽特定利用促進機構(ISUM)は、ウェディングシーンにて市販CD音源を複製利用する際に必要となる、複製権(著作権・著作隣接権)の利用手続の代行をしている機構です。

結婚式で使用する楽曲の複製権について一括で申請してくれる機関のようです。
有効活用できれば楽かもしれませんね。

ここは様々な式場や業者と提供しているようですので、
そこを調べてから式場探し等すれば楽曲の使用に関しても包括的に業者とISUMがやってくれるので、悩みは減るかもしれません。以下にリンクを貼りますので参考までに。
提携式場
提携業者

個人で利用できるとのことですが、
詳細がHPみても理解できないのでちょっと確認します。
問い合わせしたところ、個人での利用はできず、事業者からの申請になるとのことです。

このISUMに対して申請するときはCDが必要ということをお忘れなく!!
itunesなどでダウンロードした曲は認められず、
CDを買わないとだめ!
(
中古可)ということです。

正直・・・・馬鹿らしい!
今の時代にCDのみじゃないと受け付けないって。時代遅れ、逆行も良いとこじゃないですか。

んじゃiTunesとかGoogle Musicとかで正規ルートでお金払って購入したものは無駄ですか。
今やCDよりも手軽に入手して楽しめるダウンロード販売というものが主流になりつつあるのに、なぜこうして不便な方不便な方にいくのか理解できません。

CDを否定しているわけではなく、CDなど現物はそれの良さがありますし、理解しています。
ただ、権利の申請をするのになぜわざわざCDを買うのかということが理解できません。

もちろん違法アップロードなどの悪いことをしている方々もいるのは認めます。
であれば正規ルートで買いましたという証明ができるように、
例えばiTunesの購入履歴やGoogleの購入履歴を見せればOKというようにしてほしいです。

まとめ

今回友人の結婚式にむけて色々調べましたが、
いろんな権利、団体がいてかなり複雑ということだけわかりました笑

これから結婚式を挙げる方、友人に対してのプレゼントを作成する予定の方に少しでも参考になればと思います。
また未調査の部分については確認でき次第、更新させていただきます。

必要であれば自分はちゃんと正規の申請を済ませた上で新郎新婦に喜んでもらいたいと思います。
それは権利団体とかのためではなく、良い作品を提供してくれているアーティストの方々、
新郎新婦の方々に対して誠意を持って対応したいからです。

冒頭申し上げたとおり、何でもかんでも権利!金!という方々は本当に嫌いです。笑

JASRACに関しては雅楽に対して申告しろと伝えたり(参考まとめ)、
Youtubeなどの動画に街中のBGMが入ってしまいその使用料金を支払えということがあったりと、何かと話題です。

まさに何でも金!金!金!笑

それでも上述したようにちゃんと使用したものに対しての対価はアーティストの方々に届いてほしいので、お支払いする予定です。

自分自身まだ著作権など様々な権利について不明な部分が多かったので、
勉強する良い機会になりました。
まだわからないこともたくさんあるので、引き続き確認して学んでいきたいと思います。

今回学んだことや得た知識をちゃんと活用して、
これからもっと新郎新婦をはじめとする様々な方に提供できたらと思います。

余談

この記事を書いた後にモーニング娘。、嵐の楽曲を友人の結婚式で
余興の中に使いました。
申請は上記通りですが、レーベルへの確認は口頭で終わり、
とくに申請書などは必要ありませんでした。

また、式場によっては、
余興の音源の申請も代行してやってもらえるところがありますので、
担当プランナーの方に一度問い合わせてみても良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

 

Pocket