結婚式は二次会にこそカメラマンを呼ぶべき!!

Posted on
Pocket

こんにちわ!

関東を中心に活動しているカメラマンの高野です。

今日はタイトルにある通りですが、
結婚式の二次会にこそカメラマンを入れるべきということについて書いていきたいと思います^^

結婚式のカメラマンっていろんな懸念事項があって、
新郎新婦のお二人も納得いっていない部分があるのかもしれません。

どんなものがあるかというと、自分の目線で大きくわけて三つです!

スポンサーリンク

外部カメラマンへの規制

例)メイクルームは入れません
リハーサルも撮れません
挙式は他の列席者と同じように席からのみ などなど・・・
・メイクルームやリハーサルは新郎新婦のお二人にも撮らせて欲しいと熱望しておりますが、
なかなか許してくれる会場はないですね。。
・列席者としての撮影は自分はそこからでないと撮ることのできないアングルだったり、
前の人や周りの環境を生かして撮っているので特に不便は感じません。
ただご両親のお顔などが撮れないのは悔しいですけどね。

アジュール竹芝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち込み料の発生

・外部カメラマンを挙式や披露宴に持ち込む際に新郎新婦側に追加で費用が発生してしまう現場も多くあります。
・お二人のために、という気持ちよりも何も考えず利益だけを考えているように思えてしまいます。。
→これに対しては言いたいこともたくさんありますが、関係なくなるので割愛で・・・笑

そんな中でも呼んで頂ける方もいらっしゃり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

誰が撮るのかわからない

・式場で気に入った写真があり、式場提携の会社にお願いすることに決めたはいいものの、
実際来た人は違うなどして思った通りの写真ではなかったなど。。
・特に結婚式の繁忙期はアルバイトカメラマンが少なくないことも実情です。
→カメラマン_バイトなどと検索すればその規模もわかるかと思います。

自分自信なるべく可能であれば当日までにはお二人に挨拶して、いろんな話しをしたいと思ってます。
その二人にどんな背景があったのか、どういう経緯で結婚に至ったのか、どんなお二人なのか、
などたくさん知ってから撮影したいですし、自分のことも知ってから当日を迎えて欲しいと思います。

やっぱり知っていると知らないという差はかなり大きいと思います。
ちなみに自分が新郎新婦お二人について知りたいのは、そういった背景や感情も含めて写真に入れたいと思っているからです。

ざっとこんな感じで結婚式場によりカメラマンに対する制限や懸念があります。

しかし、二次会では基本的にやりたいようにやれるのが特徴としてあると思います!
しかも二次会もドレス着てるし、だいたいがケーキカット、ファーストバイトもやります!
内容は披露宴とさほど変わらないんです。
お色直しがあるかないか。人によってはお色直しもあると思います。

そんな自由な場でこそ、ちゃんとした写真を残して欲しいと思います。

二次会での皆さんが楽しんでる表情などたくさん残しておきたいものはあると思います。

二次会でプロに頼むべき大きな理由としては「機材」「経験」この二つ。

機材
これは二次会の会場として室内で暗いところが多く、高感度に対応できるカメラ、
外付けのストロボなどが必要になってきます。
普通のデジカメやスマートフォンでの撮影になると、ブレ、ボケ、ノイズが大量発生致します。

せっかくナイスタイミングで撮れたと思っても、ノイズがひどくてザラザラになったり、
暗いからとフラッシュをたいてもなんだかパッとしない写真になったり、
オートで撮るとカメラが自動的にシャッタースピードを遅くするのでぶれまくったり、、、

カメラマンは上記に対応できる機材をもっているので、その点は安心できるかと思います。
また何かあったときのために1setではなく複数台の機材をもっております。

経験
機材はもちろんのこと、暗い場所などでの撮影経験の差が大きく出てきます。
マニュアルでの操作がスムーズにいかないと正直二次会での撮影が難しいかと思います。
このシーンならこの設定で、というものがすぐに引き出せるようでないと、
機材は良くても結局ブレてしまったり、ボケてしまったりするかと思います。

 

また自分からすると、なんの制約もなく撮影できるということで、
簡単な二人の思い出のもののブツ撮りや、お二人の後撮りも二次会でできてしまうというのが助かります。

せっかくの晴れの日ですので、その場の様子以外にもいろんなものを撮影したいと思っています。

こんな感じで少し場が落ち着いているときに5分ほど指輪をお借りしたりして写真に残しています。
二次会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに二次会終了後などに少し時間があれば、
新郎新婦お二人を路上や会場内で数枚ですが後撮りすることもできます。

そういったいろんなカットを撮影できるという点でも二次会での撮影をお勧めいたします^^

まとめ

・二次会は制限なし
・時間があれば後撮りも撮影できる
・時間があれば指輪のブツ撮りもできる

 

式場では提携カメラマンしかダメだったという方でも二次会で好きなカメラマンを呼んで、
式場以上に自由にたくさん撮ってもらってはいかがでしょうか。

自分も二次会オンリーのご依頼ももちろん受け付けておりますので、
お気軽にご相談ください。

二次会 二次会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket