Pocket

こんにちわ。
関東を中心に活動しているカメラマンの高野です。

結婚式を控えているカップルの方は屋外やスタジオで前撮りを撮られている方が多いかと思います。
前撮りは自由に撮影できることが多く、お二人らしい写真を残せて良いですよね!

前撮りをされていない方も中にはいるかと思いますが、
そんな方には挙式、披露宴当日の前撮りや後撮りをお勧めしたいです!

ANAインターコンチネンタル東京

前提として会場に許可を頂くことが大事になります。
なので、まずはプランナーさんに一度相談頂く方が良いかと思います。

まず前撮りについてどのタイミングでどの様な写真が撮れるのか書いていきたいと思います!

会場やプランによって順序が前後するかと思いますが、基本的には以下の流れで進んでいきます。

新郎新婦会場着→ヘアメイク→親族紹介→チャペル移動→挙式→披露宴→二次会

この中で前撮りをするタイミングは主にヘアメイクと親族紹介の間です。
他にもヘアメイクまでの間に私服でという手もありますが、当日はバタバタしてしまいがちなので難しいかもしれません。

ヘアメイクが終わると親族紹介の場に移動になりますが、
その移動のときに前撮り(ロケーションフォト)を組み込むことで当日のドレスやタキシードでの撮影が可能になります。

ここでのメリットは介添えさんやメイクさんがついてきてくれることが大きいかと思います。
メイクや髪型の少しの乱れもすぐにその場で直してもらえますし、
お二人を見ている方もカメラマン、ヘアメイクと人数が増えるのでより些細な乱れや変化に対応できるようになります。

挙式前撮り 挙式前撮り

 

もちろん時間的に余裕があれば会場から一歩外に出て、屋外でのロケーションフォトも撮影することができます。

当日の緊張感やこれからの楽しみをその日、その場で写真に残すことで振り返るときにより鮮明に思い出せると思います!
是非一度プランナーさんに相談してみてください!
仮に難しくてもどこでなら当日写真を残せる時間が取れるかなど聞いてみても良いかもしれません。

 

次に当日挙式、披露宴後の後撮りですが、
このタイミングとして一番良いのは披露宴後です。

披露宴後はお見送りをご両親と4人で行いますが、その後に是非提案してみてほしいと思います。

二次会の有無で時間などに違いがあると思いますが、
披露宴後は比較的時間があるので、ここでロケーションフォトなどを撮ってみてはいかがでしょうか。

緊張した1日が終わり、ホッとして表情も柔らかくなりますし、リラックスしたお二人が残せます。

挙式後撮り

披露宴後はお二人の中座後の衣装になりますので、
カラードレスや和装などお気に入りの衣装で写真が残せます。

これは披露宴当日に撮影しないと着れない衣装ですので、本当にお勧めしたいです!

また二次会を予定している方はこちらの記事にも記載しましたが、
カメラマンを雇うことで二次会の前後にも前撮り、後撮りができますので、あわせて検討してみてください!

挙式、披露宴当日はその前後にも写真を撮る機会があるということを知って頂いて、満足のいく当日を迎えて頂ければと思います。

ちなみに先日撮影させて頂いたANAインターコンチネンタル東京は前後にロケーションフォトを組んで頂けて、
外部カメラマンの自分に対してもたくさん配慮頂き、撮影しやすい環境を作っていただけました。
本当にありがとうございました!!

 

前撮り(後撮り)、挙式、披露宴、二次会など撮影に関することはお気軽に相談頂ければと思います。

高野和希
k.takano32@gmail.com
080-3750-5042

Pocket