Pocket

こんばんわ!

千葉県をメインに出張撮影をしているカメラマンの高野です。
先月はハワイにハネムーンフォトとプチ後撮りをしに出張しておりました!

無事帰国しましたが、
脱皮が止まりません笑

さて、本日は来週東京で後撮りをするご夫婦と打ち合わせをして参りました!

前撮りや後撮り、結婚式の当日撮影などを担当させて頂く場合、
できる限り打ち合わせはさせて頂いております。

その理由としては、
当日撮影するときに「はじめまして」だとお互い緊張してしまう可能性が高いですし、
撮られる側からするとどんな人に撮られるのかわからず、
余計な不安を出してしまう可能性があるからです。

少しでも自然に撮影自体を楽しんで頂くためにも、
事前の顔合わせは重要だと思っております!

もちろん当日はじめまして、の方もいらっしゃいますし、
当日にしか会えないということであれば、
最初はアイスブレイクとして関係ない話などお話させて頂くことが多いです。

カメラマンとの打ち合わせって何話したら良いの?と考えてしまう方も多いかと思いますが、
自分の場合はなんでも良いです笑

もちろんどんなロケーションで、どんな雰囲気の写真が欲しいかをお伺いしますが、
それよりも大事にしているのは、撮られる方々はどんな人なのかという事です。

なので、自分の打ち合わせでは、
その二人の馴れ初めや思い出の場所、
ハネムーンはどこに行きたいか、趣味は、何が好きかなど・・・

その人たちに関わることを聞くことがほとんどです。
どんな人かわかることで声かけの仕方を変えたり、
当日撮影していく中でリラックスできるような問いかけをしたり、
その人たちらしさが出せる写真を撮影するようにしています。

 

撮影と関係ないじゃん。と思う方もいらっしゃると思いますが、
何よりも大事だと思います。

カメラマンはシャッターを切るだけなら誰でもできます。
ただ求めている表情や仕草、その人たちらしさを出すには、
バックグラウンドを知り、その人となりを理解することが大事だからです。

ただ単に綺麗な写真をとるだけであれば、
いってしまえば誰でもできます。

その人たちの人柄や思いをしっかり表現、引き出すことができるのがカメラマンだと思います。

 

それに友達同士で遊んでるときの表情と知らない人やあまり仲良くない人といる表情は
同じ笑顔だとしても雲泥の差があります。

友達同士で心を許している間柄だと
良い意味で隙ができて自然な表情になりますが、
あまり知らない人たちがいる中ではどうしても表情がこわばってしまいます。

あとで撮影された写真を見て、
いつもの表情とほど遠い表情だと何回も見返したくなるような写真とは言えないと思います。

そういったリスクを減らすためにも、
事前に顔合わせをして、
撮影当日には「お久しぶりですー」「あれどうなりました?」など日常的ななんてことない会話から
スタートさせることが大事だと思います!

打ち合わせだからといって、変に固くならずに
思ってることやして欲しいことなどざっくばらんにお話頂ければと思います。

皆様が満足いく写真を残せますように!

 

ウェディングの当日撮影、前撮り、ファミリーフォトやポートレート(プロフィール写真)など
様々な撮影に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

高野和希

Pocket