Pocket

マニュアル撮影にむけて少しづつカメラの機能について書いていきたいと思っています!

シャッタースピードと絞り(F値)についてはこちらにまとめておりますので、
あわせて見て頂ければと思います。

シャッタースピードってなに?
絞り(F値)ってなに?

今回はISOというものについて書いていきたいと思います。

ISOとは

ISOは国際標準化機構で決められたフィルムの感度のことです。
それぞれ数字があり、その数字でどの程度の感度なのかを表しています。

ただ、国際標準化機構など難しい言葉は別に覚える必要はありません笑

単純に光に対する感度を表していると覚えてもらえればと思います。

ちなみに読み方は「イソ」「アイエスオー」と読み、
人により読み方が違いますね。
意味は同じですので、好きな読み方で読んでもらえればと思います!

ISOの数字の違い

ISOは数字が大きくなればなるほど光への感度が強くなります。
逆に小さければ小さいほど光への感度は弱まります。

ISOの数字を大きくすれば暗いところでも明るく写すことができます。
ただ、良いことばかりではなく、悪いところももちろんあります。

ISOの数字を大きくすればするほど写真としての明るさは明るくできますが、
写真全体に「ノイズ」と言われるものが目立ってきます。

この「ノイズ」はTVの砂嵐のようなザラザラの粒のようなものです。
この「ノイズ」があると写真が不鮮明になったりしてしまいます。

ただ、どの程度までザラザラが許せるかという許容範囲は人それぞれですので、
ご自身の好きなザラザラ感を覚えておくと良いかもしれないですね!

わざとISOをあげてノイズを乗せてザラザラなノスタルジックな写真を撮る方もいますし、
表現したい内容にあわせてISOを設定してもらえればと思います!

試しにISOの数字だけを変更してどう写真が変わるのか画像を見て頂きたいと思います。

 

見て頂ければわかるかと思いますが、シャッタースピード、絞りは全く変えずに、
ISOのみ変更したものです。

同じ場所、同じ設定(ISO以外)、同じ時間帯で撮影したものですが、
ここまで明るさが変わります。

ISO1600では街灯や看板のみ見える状態ですが、
ISO12800に変更すると建物や道路もしっかり見えてきます。

この数字を変えるだけで写真全体の明るさを変えることができますので、
夜や室内の少し暗いところではこの数字を大きくする必要があります。

この大きさをパソコンやスマートフォンで見ている分にはそこまで
ノイズは気にならないかと思いますが、
少し大きめに印刷したりすると少し気になるかと思います。

ISO12800の一部を拡大したものですが、
こういったザラザラな粒子状のノイズが数字を大きくすればするほど
写真全体に出てきます。

このザラザラ感で写真が不鮮明になり、シャープさが失われていきますので、
どこまで許せるかはISOをあげて撮影してみてご自身で判断して頂ければと思います。

私的ISO基準

自分が撮影していく中で、ISOはどの程度にしようかなと考えていることを書いてみますので、
参考になれば幸いです。

今自分が使っているカメラは3つありますが
どれも基本的に上限はISO6400としています。

理由としては、それ以上だと個人的にザラザラ感が強く出てしまい、
イメージしていたものより写真が劣化してしまうと感じているからです。

屋外の撮影であればISO100をベースにまずは撮影をします。
そこで日陰や曇ってきたという環境の変化でISO800くらいまで上げることがあります。

室内の撮影であればISO1600スタートが多いです。
室内は肉眼では結構見えているかもしれませんが、
思ったより暗いことが多いです。

ISO1600でスタートして「もう少し余裕あるな」と思えば
ISO1000にしてみたり、ISO800まで落とすこともあります。

結婚式の披露宴などでは室内で外からの光が入らない場所も多いです。
そのような場合もISO1600で撮影して、そのときの状況によって
ISO3200にあげたり、ISO1000に落としたりします。

だらだら書いてしまいましたが、まず最初の基準としては
屋外はISO100、屋内(暗いところ)ではISO1600が自分の設定の基準になります。

そこからそのときの撮影環境にあわせて調整をしていく形です。

ISOを勉強するのにオススメの設定

ISOを理解するためにどういうカメラの設定が良いかというと、
「プログラムオート」です。

プログラムオートは「P」という設定がカメラにあるかと思いますが、
それに設定してもらえればシャッタースピード、絞りをカメラが自動で
設定してくれます。

ISOもオートにできますが変更もできます。

まずはISOもオートにしてフルオートで撮影してみてください。
その撮影された写真を見てISOはいくつくらいに設定されているのか
確認してもらえればと思います。

それを繰り返すことでISOの大体の基準がわかってくると思います。
この作業でISOの基準を勉強して頂ければと思います。

ここから先は次の記事に繋がりますが・・・
次はISOは任意で決めて、残りの設定をカメラ任せにしてみましょう。

そうすると恐らく思ったような写真は撮りづらくなると思います。
どんな写真になるかというと、
ぶれていたり、明るすぎて真っ白になってしまったりという写真が
出てくると思います。

は?オートのくせになんで失敗してんの?と思う方もでてくると思います。

なんでこのような失敗写真が出てくるのかというと、
写真の明るさを決めているのは
・シャッタースピード
・絞り
・ISO

この3つのバランスで決めているからです。

こちらの記事でも書いていますが
シャッタスピードを遅くすると光を多く取り込むので、
写真を明るくすることができます。
例えば、今回のPモードでISOを100という小さい数字にして室内で撮影するとなると、
シャッタースピードが遅くなって光を多く取り込もうとします。

光を確保するためにシャッタースピードが遅くなることで
手ぶれしてしまったり、被写体ぶれしてしまうということです。

このバランスについては次の記事で詳しく書きますので、
まずはISOの基準について覚えてもらえればと思います。

ISOを変更したときのメリット・デメリット

ISOについて書いてきましたが、
ここでまとめてメリット、デメリットについてまとめます。

簡単にまとめるとこんな感じです笑
そこまで難しくないと思いますので、
ISOの数字の違いについて覚えてもらえればと思います。

最後に

今回はISOについてまとめてみました。
これでシャッタースピード、絞り、ISOの3つの記事が完成しました。
ここからさらにブラッシュアップしていければと思いますので、
わかりづらいところや、質問などあれば是非お願い致します。

シャッタースピードってなに?
絞り(F値)ってなに?

今度はこの3つの要素でどう写真の明るさを決めるかという記事にします!

 

高野和希

Pocket