Pocket

こんにちわ!

今までこちらの記事にてそれぞれの役割をまとめてきましたが、
今回はそれらのバランスを取りながらどう撮影していくのか
まとめていきたいと思います。

シャッタースピードってなに?
絞りってなに?
ISOってなに?

明るさは3つのバランスで決まる

タイトルでも書いてますが、
写真の明るさはシャッタースピード、絞り、ISO
これらのバランスで決まります。

おさらい

シャッタースピード

早くすればするほど暗くなるが被写体をビタっと止められる
遅くすればするほど明るくなるが被写体が動くとブレる

絞り

数字を小さくすればするほど明るくなり、ボケやすくなる
数字を大きくすればするほど暗くなり、全体的にピントがあう

ISO

数字を大きくすれあするほど明るくなるがノイズが目立つ
数字を小さくすればするほど暗くなるがノイズは目立たない

このように3つの要素それぞれが写真を明るくする役割があります。
そのため、明るくするという目的であってもどこを調整するかで、
出てくる写真は違いが出てきます。

どのようにそれぞれ決めていくか

まずどのような写真が撮りたいかによって、
優先的に調整していく項目が変わっていきます。

これからシーン別にどのように設定したら良いのか書いていきます。
ただ、あくまでも自分のやり方、優先順位のつけ方ですので、ご了承ください。

こういうシーンは?という疑問があればコメント頂ければ、
追記して説明させて頂きますので、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

被写体を止めたい場合(屋外の場合)

例えば子供の運動会など、被写体が早く動いていて、
それをビシッと止めつつ明るさを確保したい時です。

こういった場合は「被写体を止める」ということを
第一優先で考えて調整していきます。

そのため、まず調整すべきはシャッタースピードです。

使っているレンズの長さにもよりますが、
手ぶれせず、被写体ブレしないシャッタースピードに設定します。

あくまで大体の目安ですが、1/300以上のシャッタースピードであれば
問題ないかと思います。
これでも被写体が止まらないようであればもう少し早くしてみてください。

シャッタースピードを決めたら次はどこまでピントを合わせるのか、ということです。
被写体が止まっていても手にしかピントがあっていなくて、
顔がボヤけているということも起こり得ます。

なるべく背景もくっきり写したいのか、
それとも被写体だけピントあわせて残りはボカしたいのか。

こちらもあくまで目安ですが、
背景の輪郭も残しつつ撮影したいのであれば絞りはF8以上の数字に
設定すると良いかと思います。

逆に被写体以外はボカしたいということであれば、
F4やF5.6程度に抑えておいたほうが良いかと思います。

この時のISOが100だったとして、
写真が暗いなーと思ったのであれば、
ここでISOをあげて好きな明るさに調整してください。

屋外であればISO400程度で十分明るいかと思いますが、
一度写真を撮ってみて明るさのチェックをしながら微調整してみてください。

こういうところはデジカメは便利ですよね笑
いくら失敗しても消せば良いだけです。
昔のフィルムカメラは撮ったら現像するまで見れないですからね!

ポイント
1、シャッタースピードは被写体を止められるスピードに
2、絞りはどこまでピントを合わせたいのかで調整
3、ISOで最終的な明るさの調整

被写体を止めたい場合(屋内の場合)

こちらも基本的には屋外のときと一緒ですが、
室内の場合、明るさが足りないことが多いです。

屋外のときと同じようにシャッタスピードを1/300以上に設定していると、
ほぼほぼ暗い写真になるかと思います。

そういった場合、どうするかということですが、
絞りはなるべく数字を小さくしてください。
絞りを小さくすることで光を多く取り込めるようになり、
写真を明るくすることができます。

それでも暗い場合はISOをあげてください。

絞りの数字を小さくして、
自分が思っているよりピントが合う範囲が狭くなって嫌だ!という方は
絞りは屋外のときと同じように設定していただき、
明るさが足りない部分をISOで調整してください。

ただ、屋内で絞りがF8以上あるとISOは大体3200以上必要になることが多いです。
ISOをあげるとノイズが目立ちますので、そのノイズが許せる範囲であれば問題ありません!
ただノイズ欲しくない!という方は絞りの数字を小さくしてISOを下げて調整してください。

ポイント
1、シャッタースピードは被写体を止められるスピードに
2、絞りは数字を小さくして明るさを稼ぐ
*もしくはどこまでピントを合わせたいのかで調整
3、ISOで最終的な明るさの調整

風景の場合(昼間)

旅行先などで素敵な景色を見つけた場合の調整の仕方です。
せっかく綺麗な景色を見つけたのに、
変にボケている写真やブレている写真を残したくないですよね。

そんな方に参考にして頂ければと思います。

風景などでくっきり写す方法としては、
まず絞りをF8以上にします。
なぜ絞りの数字を大きめにするかというと、
数字が小さければ小さいほどピントの合う範囲は狭くなりますので、
風景などで手前の木にピントがあって、
少し奥の木や花がボケてしまうことがあるからです。

次に手持ちでブレないシャッタースピードに設定します。
シャッタースピードの記事で書きましたが、
最低でも「1/焦点距離」に設定すれば手ぶれはしにくくなります。

今つけているレンズが50mmの場合1/50以上であれば手ぶれしにくいということです。
不安であればシャッタースピードを早くしておいてください。

最後にISOを調整します。
昼間の風景であればそこまであげずに済むと思うので、
ノイズの少ない写真が撮影できるかと思います。

ISO100〜400で十分かと思いますが、
曇りなどで少し暗いなと思う場合は、少しあげて調整してください。

ポイント
1、絞りは数字を大きくして全体的にピントが合うように
2、シャッタースピードは手ぶれしない速さに調整
3、ISOで最終的な明るさの調整

風景の場合(夕方〜夜)

夜景を綺麗に撮りたいと思ってもブレてしまってはもったいないです。

今回は三脚などなく、手持ちで撮影していることを前提に書いていきます。

まずシャッタースピードを手ぶれしない早さに設定します。
ここまでは昼間の撮影と変わらないですね。

次に絞りですが、これは一番小さくします。
ピントの範囲を調整する前にまず明るさの確保をしたいと思います。
※自分の場合

最後にISOを設定します。
ただ、夜景はISO1600以上になることがほとんどだと思いますので、
まずは1600にして様子を見てください。

ここでまだ写真が暗い場合はISOをさらにあげていってください。
シャッタースピードは手ぶれしないスピード、
絞りは一番小さい数字で一番光を取り込んでいる状態のため
明るくするにはISOをあげていくしかないのです。

逆に明るくてもう少し暗くても良いなと思う場合には
ISOを下げるか、絞りの数字を大きくするかの選択肢があります。

ISOを下げるとノイズが目立たなくなりますが、ピントの範囲は狭いままです。
絞りの数字をあげるとピントの範囲は広まりますが、ノイズはそのままです。

ピント範囲を取るか、ノイズを取るかは撮影者次第です!

ポイント
1、シャッタースピードは手ぶれしない速さに調整
2、絞りは数字を小さくして明るさを稼ぐ
3、ISOでな明るさの調整
4、さらに明るくしたい場合はISOの数字を大きくする
5、少し暗くしたい場合は絞りの数字を大きくするかISOを下げる

最後に

いかがでしたでしょうか?
簡単に普段使いそうなシーンをイメージして書いてみましたが・・・

こういうシーンはどうするの?などあればコメントでもメッセージでも下さい!
追記で説明させていただきます。

今回説明したものは、本当に一部です。

ただ、どういう設定にするのかは
「どういう写真が残したいのか」というテーマがないと決まりません。
「被写体を止めたい」「くっきり綺麗な景色を残したい」など何をどう残したいかで
設定すべき数字が変わってきます。

今はデジカメが主流で、皆さんはデジカメを使っているかと思います。
何回失敗してもお金はかかりません。
昔のフィルムと違って何回でも撮り直せます。
たくさん失敗して覚えてもらえればと思います!

 

前回までの記事はこちら↓

シャッタースピードってなに?
絞りってなに?
ISOってなに?

 

高野和希

Pocket