Pocket

こんにちわ!

今はスマホやデジカメでの撮影が主流ですが、フィルムカメラを使ってみることで、
さらに写真が楽しくなるかもしれません!

また、フィルムカメラで撮影したことで、撮影が上手になると思いますので、難しそうというイメージは一旦置いておいて頂いて挑戦してみて欲しいなと思います。

スポンサーリンク

 

フィルムカメラってなに?

フィルムカメラはカメラにフィルムを装填し、全ての撮影が終わったあと、現像してやっと撮った写真をみることが出来ます。

また一本のフィルムも製品により異なりますが、24〜36枚しか撮影できません。

今のデジカメやスマホで撮影している感覚で撮影すると、あっという間にフィルムを1本使い切ってしまいます笑

また液晶も付いていませんので、撮影する設定は経験や勘が頼りになってきます。
現像したときに真っ暗になっていたり、思ったより明るくなっていたりしてしまうかもしれません。

でもだからこそ面白いし、自分の想像を超えた写真が撮れることがあると思います。

フィルムによる違い

今のデジタル写真は撮影したあとにパソコンやスマホで明るさや色味、彩度などを調整する方も少なくないかと思いますが、フィルムカメラは基本的には出来ないです。
*フィルム写真をデジタル化して出来ることは出来る

じゃあみんな撮影したものは同じ雰囲気になるのかというと、そうではなくて、カメラマンが撮影する被写体や内容によってフィルムを変えて撮影していました。

フィルムと一口に言っても、色の出方が違ったり、色の彩度が違ったりしていますので、撮影内容に合わせてフィルムを選ぶ必要があります。

例えば風景であれば彩度が高めのフィルムを、人物であればナチュラルな表現をするフィルムという具合に色々使い分けていたみたいです。

フィルムは昔に比べたらだいぶ少なくなってきましたが、それでも特色の違うフィルムが出ていますので、
色々試してみてください!

始めるには何が必要でいくらかかるの?

まずフィルムカメラを始めるときに何が必要かというと、デジタルとほぼ同じですが、カメラ、レンズ、フィルムが必要になります。

ちょっと軽い気持ちで始めるだけだから
あんまりお金かけたくないという方も多いと思いますので、
ざっくりどのくらいお金がかかるのか纏めてみました!

一番安く手っ取り早く始めるには

コンビニやビックカメラなどで売っている写ルンですをおすすめします。

写ルンですも色々種類があるので、用途によって使い分けてみてください!

昼間で風景やスナップなどを撮影するとき
写ルンです シンプルエース(27枚撮りor 39枚撮り)
仕様:ISO400
絞り F10
シャッタースピード 1/140

 

夕方や夜に風景やスナップを撮影するとき
写ルンです 1600 High-Speed(27枚撮りor 39枚撮り)
仕様:ISO1600
絞り F14
シャッタースピード 1/200

 

水中で撮影するとき
写ルンです New Water Proof(27枚撮り)
仕様:ISO800
絞り F10
シャッタスピード 1/125

 

見て頂ければ分かるように、写るんですはシャッタースピードや絞りは固定されていますので、そのあたりを意識しておかないと真っ暗になってしまいがちです。

また写ルンです1600ですが、ISOが1600あるといっても、シャッタースピードが早く絞りがF14と光を取り込みづらい仕様になっています。

そのため、景色などではなく人などを撮影したい場合はしっかりフラッシュを使うことをおすすめします!

写ルンですでフィルムカメラを始める場合には本体代と現像代(約600円〜)がかかります。

Amazonのリンク貼っておくので、気になる方は見てみてくださいね!



写ルンです好きだけど使い捨てはヤダ

写ルンですはどうしても使い捨てになってしまいますので、フィルムだけを変えられて、カメラ本体はずっと使えて、操作は写ルンですと同様に押すだけ!というカメラを紹介します。

今でいうコンデジと同じような括りのカメラですね。基本的な操作はカメラ任せでフィルムを変えて色々撮影することが出来るので、気軽に楽しめると思います。

ただ、このタイプのカメラはほぼ新品は出回っていません。

中古での購入が前提になりますので、なるべく状態が良いものを選ぶ必要があります。
最初はネット通販などよりも実店舗にいって、店員さんにアドバイスを貰いながら選んだほうが無難です!

比較的入手しやすく、
値段も安いものだと
このカメラかなーと思います。

 

キタムラの中古情報を見ると良品で3000円前後で売られてますね。

Capios 150S

 

ミノルタ
Capios 150S

フィルムカメラは高いイメージがあるかと思いますが、市場に多く出回っている機種などはかなり安くなっていることもあります。

他にも同様のコンパクトカメラは結構ありますので、まずはフィルムカメラでお試しで色々撮ってみたいという方はこういったカメラから始めてみると良いと思います!

このカメラで撮影を始める場合、カメラ本体代と現像代に加え、電池とフィルム代がかかってきます。

ただトータルしても買うカメラによりますが、1万円以内には収まるかと思います。

スポンサーリンク

フィルムっぽくレトロで格好良いやつが欲しい

フィルムカメラといえばカメラの外観もレトロっぽいやつが良いと考える方も多いでしょう。

カメラ自体も格好良くて今でも入手できるものをいくつか纏めますが、このタイプは人気もありカメラや状態によって値段の幅があるので注意が必要です!

また、このタイプのカメラはフルオートで撮影できないものもあります。
今では当たり前のAFも付いていないものがほとんどですので、撮影のレベルとしては少し上がってしまいますが、ピントを手動であわせて露出を自分で決定して丁寧に撮影する、この過程が凄く楽しいので是非挑戦して欲しいです!

全てがマニュアルで自分で決めなくてはいけないし、デジカメのように数千枚も撮れないので、1枚に対しての撮影が慎重になり、色々考えて撮影しなくてはいけないので、間違いなくカメラの腕は上がります。

気軽に撮ることも楽しいですが、
ときにはじっくり1枚を撮影することも楽しいですよ。

Canon
F-1 (約30,000円〜)
A-1 (約5,000円〜)
AE-1 (約5,000円〜)
Nikon
F3 (約35,000円〜)
New FM2 (約40,000円〜)
FE (約6,000円〜)
Olympus
OM-4 (約20,000円〜)
PEN-F (約15,000円〜)
PEN-FT (約7,000円〜)

 

こちらに纏めて金額は本体のみになりますので、別途これにレンズが必要になります。

レンズはカメラによってマウントが合う、合わないがありますので必ずそのカメラに合うレンズを購入するようにしてくださいね。

レトロちっくな外観のカメラでフィルムカメラを始めるという場合は、本体+レンズ+電池+フィルム+現像代で安いセットだと13,000円前後で、良いものを揃えるとなると50,000円前後必要になってきます。

まずはキタムラなど店頭にフィルムカメラが置いてある場所にいって、どんな形のがあるのか実際に見たほうが良いと思います!

自分の惹かれる形のカメラを買ったほうが愛着ももてて良いですよ。

最後に

フィルムカメラは現像にお金もかかるし、撮影しているときにはどんな風に写っているかわからないし、不便なことも多いですが、一つ一つ丁寧に設定して撮影する写真も楽しさがあります。

また出来上がった写真はフィルム独特の粗さだったり、色合いだったりデジタルとは違う味わいある写真になりますので、是非一度写ルンですで良いので試してみて下さい!

ちなみにですが…フィルムカメラで撮影するときは逆光か半逆光気味に撮影すると、よりフィルムらしさが出せると思います。

Pocket