オススメ!秋冬の天体観測【調査・準備編】

Posted on
Pocket

昨日はオリオン座流星群が極大という事で撮影しようと思った方も多いのではないでしょうか。

自分は全くといっていいほど覚えておらず撮り忘れました。。。

ただ今年はまだ流星群のチャンスもあるので、ぜひ撮影にトライして欲しいと思います!
そこで秋冬に天体観測をおすすめする理由と撮影方法を簡単に纏めてみますので、
ご覧になってトライしてみてもらえればと思います!

 

撮影方法は次記事でまとめます!

【秋冬に天体観測をおすすめする理由】
①空気が澄んでいて星が見えやすい
日本は気候的にこれからの時期、空気が乾燥して安定し、気流が少ない状態になります。
そのため、日本では秋冬の乾燥した寒い時期は春夏に比べて星が見えやすい環境と言えます。

②太陽の光の影響が少ない
春夏ですと、夜の9時、10時頃でも太陽の光の影響があり、星の光が見えにくくなります。
しかし、秋冬ですと太陽の光の影響が少なくなり、その時間帯でも比較的星が
見えます。

【天体観測の条件】
①天気
もちろんですが、曇りや雨だと星は見えないもしくは見えづらいです。
そこで参考にしているのが雨雲レーダーです。
私はよく以下のサイトを確認して星を撮るかどうか判断しています。
普段の天気予報にも使えるのでぜひ使ってみてください。
GPV気象予報
使い方は簡単で、左側の「詳細」を選択、「エリア」を選択、
「雨量・雲量」を選択すれば右側の地図の上に雲の位置がでてきます。
そのあとは地図上部にあるスライダーを動かして確認したい時間帯に合わせるだけです。
GPV説明用②光害の少ない場所
都市部などでビルや民家の光が多いとどうしても星は見えにくくなってしまいます。
そのためできるだけ街の明かりがない場所、届かない場所のほうが星は多く見えます!
参考になるのは以下のサイトです。
光害マップ
こちらのサイトは全国範囲でどのあたりが観測に適しているのか記載されてますので、
かなりおすすめです。

③新月を狙う
月の影響によってもかなり星の見える数は変わってきます。
満月はもちろん月の光が強いので、なかなか見えません。
しかし反対に新月のときであればかなりの星の光が期待できます!
参考になるのは以下のサイトです。ここで月齢を確認しましょう。
月齢カレンダー

【星空を撮影しよう】
必要なもの
・デジカメ(マニュアル撮影、マニュアルピントフォーカスができればコンデジでも)
・三脚(なくてもなんとか・・・)
・レリーズ(なくてもなんとか・・・)
・懐中電灯(なくても携帯の明かりで・・・)
・防寒具(好みで・・・)

まあカメラあればあとはなくてもなんとかなります!笑

カメラの設定については長くなってしまうので、次の記事で解説致します!

Pocket