学生時代の修学旅行のこと覚えてますか?

Posted on
Pocket

こんにちわ!

関東千葉を中心に活動しているカメラマンの高野和希です。

このところ、寒暖の差が激しく体調崩しやすくなっているので、
自分自身の体調管理はしっかりやっていきたいと思います!

さて、今回はカメラとあんまり関係ないですが・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは子供のときに行った修学旅行や林間学校について覚えてますか?

正直、自分が覚えていることと言えば場所以外ではこんな感じのことしか覚えていないです・・・笑
先日京都に行ったときにふと「あのときどこ行って何学んだっけ?」と思ったので、纏めておこうと思いました。

♣誰かしら女子に告白してた(小学生)
♣友達が東照宮でメガネ落とした(小学生)
♣キャンプファイヤーのときのダンスが女子と一緒で緊張した(中学生)
♣鹿の糞が靴底につきすぎてテンション下がった(中学生)
♣水族館のマナティーが展示されているところを1時間近く男だけで鑑賞(高校生)

思い返すと下らないことしかなく、歴史的なことや町並みやその様子などは結構忘れてしまってます。。

今ならどこでも行けるし、もう一度知ることが出来る

当時はもちろん車の免許もなく、未成年ということ、学校行事で参加しているということもあり、
時間や移動手段について制限がありましたが、今は違います。

移動手段は車、電車やバス、レンタルサイクル、バイク、飛行機、船など
当時は利用できなかったものを使い、効率良く旅行ができるようになりました。

また、体力次第ですが、細かく決められた時間割もなく、
監督している先生もいないので、好きな場所に好きなだけいれて、
1日にどんなに移動しても怒られません。

行けない理由がない状態です。
それであればもう一度今ままで行ったところを訪問して、勉強しなおすことも簡単かと思います。

少しでも日本の歴史を知らないと恥ずかしい

これは海外の人と話して実感したり、周りから聞いたことある方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本人は自分も含めて日本の歴史のことあまり知らないんですよね。

海外に行って自分の国について話したとき、
みんな「自分の国はこうで、こうなって、こういう状態になった」と話してましたが、
自分は語ることができず、折り紙を折ってプレゼントし、みんなの話題をそらしました笑

このときばかりは英語力うんぬんではなく、
日本という国を知らなすぎる自分が恥ずかしく、もどかしい気持ちになりました。

おそらく今の若い世代の人たちよりも海外からの観光客のほうが日本の歴史を知っているかと思います。
その簡単な理由としては旅行に必要なガイドブックに大きな違いがあるかと思います。

日本ではその土地の有名なグルメや観光地が大量の写真とともに掲載されてますが、
海外でシェアを大きく占めるLonely Planetでは写真は日本の1/4以下くらいしかなく、
そのかわりに文章で歴史や特徴などが詳しく書いてあります。
そんな経験もあってか、せめて修学旅行、林間学校でいった日本の歴史的な部分くらいは
ちゃんと知っておきたいと思いました。

終わりに…大人の修学旅行しませんか。

あのとき見た場所に改めて行ってみると、
見える景色も違いますし、学ぶことも違います。

当時は友達と旅行に行けるという楽しさが気持ちのパーセンテージを多く占めていて、
歴史だなんだってのは全く頭に入りませんでしたが、
今行ってみると、そこにその建造物のある理由や、土地名の由来など改めて知る楽しさがあります。

またお酒も飲めるようになり、その土地のお酒を飲むという新しい楽しみ方もあると思います。

GWもおわり、次の旅の計画を考えている人は
昔いった林間学校や修学旅行を再度巡ってみてはいかがでしょうか^^

 

PS.この前このことを思いついて勢いで日光に行ってきましたが、
閉館時間になっており、周辺を散歩して帰りました笑
次回はちゃんと時間を調べた上で計画的に再訪して勉強してこようと思います!

 

Pocket