結婚式持ち込みカメラ問題についてプロカメラマンが考えてみた

Posted on
Pocket

こんにちわ!

カメラマンの高野です。
千葉県を中心に活動しておりますが、
全国、海外どこでも出張可能ですので、
お気軽にお問い合わせ頂ければと思います!

さて、今回書きたいと思うのは、
以前Twitter等で話題になったカメラマン(カメラ)の持ち込みについてです。

以下の流れでウェディング撮影をしている者の一人としてまとめてみました!

今回問題になったことについて

今回問題になったのは、列席者の方々が高級カメラを持ち込むと10万円の持ち込み料を請求する!というチラシが出回ったことでした。
細かくはこちらの記事にて纏めて頂いていたので、読んで頂ければと思います。

自分はどことも契約をしていないフリーランスカメラマンですので、
お客様にご指名頂き、その決められた式場に行って撮影を行うという流れになっておりますので、
こういった問題には敏感に反応してしまいます。

何が問題になったのか

紹介させて頂いた記事にて担当者の方も説明されていますので、
一般の列席の方々には問題ないと思いますが、
高級カメラを持ちこんだ事に対して10万円を新郎新婦に請求するという提示の一点につきるかと思います。

例えば親族の方がカメラが趣味でせっかくの晴れ姿を良い写真に残そうと思って
気合をいれてカメラを持ってきたものの、後日プロと見なしますと言われ請求されてはたまったもんじゃありません。

また、最近はカメラを趣味にする方も増えており、それなりに高級なカメラを持っている方は多くいらっしゃいます。
上記同様にご友人の姿を綺麗に残したい思いで撮影していてもプロと見なすという式場側の勝手な意見で
持ち込み料として請求されるのは全く納得できる余地がないです。

結局今はこのチラシを渡すことは辞めており、
プロの持ち込みカメラマンは辞めてくださいね、という打ち合わせでの話によりまとまっているようです。

スポンサーリンク

そもそも持ち込みは何故ダメなのか

式場側の意見

自分は式場で働いたことがありませんが、
いろいろな記事や実際にプランナーさんやキャプテンさんに聞いたお話をかいつまんで書いてみたいと思います。

1、どんな動きをされるかわからない
式場としてはスムーズに進行させるためにチームとして連携を図っており、
まったく知らない人が予期しない動きでスムーズな進行を妨げてしまう場合があるため、
その予防としてお断りしている

2、稼げない
個人的にはこれがほぼほぼではないかと勘ぐってしまいますが…笑
式場と提携している写真屋さん、カメラ業者の多くは式場と提携する条件として
マージンを支払っていることがほとんどです。
例えばアルバム付きプラン30万円を成約頂いて、そのうち10万円は式場にマージンとして支払われるということです。

実際に何%がマージンとして支払われているのかはそれぞれだと思いますし、調べようもないのでわかりません。

式場側からすれば、自分たちは何もしなくてもお金が入ってくるわけです。
ここに自分のようなフリーランスカメラマンがほいっと入ってしますと、
そのマージン分のお金が手に入らないということです。

3、提携先のほうが会場を知り尽くしていて良いカットを撮れる
そこの会場のことを知り尽くしていますからどこでどう撮ったら良いのかわかっているというのは一理あると思います。
他の式を挙げるお客様や時間によっては挙式前に簡単なロケーションフォトをさせてくれる会場もあります。
もちろん、何回もそこで撮ってる方であればベストスポットを知っているでしょう。

披露宴本番も動線を知っているので、この角度でこう撮ればこういう写真が撮れるということも知っているでしょう。

そういったことから良いカットは知り尽くしているカメラマンの方が撮れるから、
外部のカメラマンはお客様のためを思ってお断りしている、というケースです。
これについては色々反論ありますが、後述ということで笑

持ち込み禁止って違法じゃないの?

自分自身ははっきり違法と決めて欲しいですが、そういうわけにもいかないみたいです笑

こちらはなんともグレーな問題なのですが、
違反(違法)になる可能性もあるということしか言えないです。

式場で持ち込みは禁止しております。という説明があった上で契約をしたのだから「同意」と見なす見方もあれば、
新郎新婦のお二人に不利な条件を押し付けているため違反(違法)になるという見方もあり、
一概になんとも言えません。

またせっかくの晴れの日なので、新郎新婦のお二人が消費者センターなどに相談、告発することもほぼなく、
式場側の意見を丸呑みするしかない現状は実際問題あります。

みんなにお祝いされて、幸せな気持ちで1日が終わったのだから、
嫌なことを蒸し返さなくても良い。それは諦めよう。という考えになってしまうのもわかります。

今後の流れとしては、持ち込み禁止に反対する声が多く集まれば
徐々に変わってくるとは思いますが、今すぐどうにかするということはできないと思います。

フリーランスカメラマンの立場から

先ほど式場側の意見をまとめて記載させて頂きましたが、
それに対してフリーランスカメラマンとして活動している自分の立場から思いを書きたいと思います。

どんな動きをされるかわからない

これは事前に式場のプランナーさんやキャプテンさんと打ち合わせをすれば解決します。
今まで自分はどんな会場であっても事前の打ち合わせは欠かしたことがありません。

目的は大きく2つあって、
1つは自分自身が会場について把握することです。

会場を見学可能であれば事前に動線などを確認させていただき、
実際の新郎新婦の動き、列席者の動きをシミュレーションします。

また、その際に入ってはダメな場所、入っても良い場所、
荷物を置く場所や注意点なども細かく担当者の方と会話させて頂きます。

2つめは会場側に安心感を与えることです。

どんな人が来るかもわからず、初めましての人と連携を取るのはなかなか難しいです。
でも一度でも会ってその人となりが少しでもわかっていれば、指示も出しやすくなったり、
ここに入っちゃダメと伝えているから大丈夫という安心感に繋がります。

稼げない

これについては、、、なかなか言えないですが笑

どの仕事でも同じかと思いますが、
その人、その会社と仕事をしたいと思われる魅力をプランなどで出していくしかないと思います。

今提示されているプランに魅力を感じないから、
外部のカメラマンに依頼をしたいと思うわけで、そこから目を背けていても何も変わらず取り残されていくと思います。

もしくはプランではなく写真に魅力がないから外に目を向けられてしまうと思います。
こいつ何様だよ、と思われて当たりまえですが、技術やサービスを磨く以外にないと思います。

提携先のほうが会場を知り尽くしていて良いカットを撮れる

1のどんな動きされるかわからない、に繋がっていますが、事前に打ち合わせすれば解決します。

打ち合わせ時に回覧が可能であれば、ここで撮れるかどうかを確認したり、
この会場ではどこで前撮り撮ったりしているか確認します。

また魅力的な場所を見つけたらそこで撮影可能かも確認します。

披露宴の撮影では回覧できなかった場合、見取り図を見せて頂き、
座席の数やスペース、動線を確認しておきます。
そうすることで当日会場に入ったときにここからなら、こう撮れると判断もできます。

個人的な見解ですが、会場を知り尽くしていても、その二人の魅力を引き出して当日の撮影ができているのかと思うと、
正直疑問が残ります。

二人のパーソナリティを知った上で撮影をするから、その人らしさが出る写真が撮れると思っておりますので、
当日初めましてのカメラマンがどんなに良いロケーションで撮影したところで良い写真になるとは限らないと思います。

今まで何人か友人含めて式場提携の写真を見せて頂いたことありますが、
新郎新婦が誰であろうと、ほぼ同じ構図、同じ写真で被写体が違うだけでした。
決して批判をするわけではありませんが、みんな同じ写真で撮られた方は嬉しいのかな、と考えてしまうこともあります。

フリーランスで活動しているカメラマンは様々な会場、環境で撮影してきているので、
機転が利き、会場側では想像していなかったような写真を残せることも事実としてあるかと思います。

外部カメラマンへのお願い

自戒の念も込めて書かせていただきますが、
実際に外部カメラマンが会場側に迷惑をかけたりしている経緯があって、
持ち込み禁止にしている会場も少なからずあると思います。

今持ち込みが大丈夫であっても今後禁止にされてしまうかもしれません。
そうなると何より悲しいのはそこで式を挙げる新郎新婦のお二人です。

そういったことがないように、カメラマンは会場側への敬意、心配りを忘れてはいけないと思います。

会場に負担をかけない

持ち込みを許可してくれた会場側に負担をかけないこと。
これは当たりまえですが、会場側は少なからず外部の人間が動き回ることに緊張していると思います。

何かゲストに対して粗相をしないか、入ってはいけない場所に入らないか、スタッフと揉めないか、などなど
心配事をあげればキリがないですが、こういったことは起こさないように細心の注意を払うべきだです。

また当日もキャプテンさんや介添えさんなどと会話をし、次こうでこうしますなどと伝えていくと良いと思います。
(もちろん話しかけるタイミングは考えてくださいね笑)

無理はしない

せっかく撮影できるからたくさん良い写真を残したい、という気持ちはわかりますが、
その気持ちを全面に出して動いてしますと周りが見えなくなり、
ゲストの邪魔になったり、スタッフの方やムービーのカメラマンなどの邪魔をしてしまう可能性が高いです。

その気持ちを持ちつつも、少し冷静になって動かないと外部カメラマンに対して悪いイメージしか残りません。
ゲストの邪魔になったりして不快な思いをさせてしまったら、
それについてゲストが新郎新婦に伝えたとします。

新郎新婦の嫌な思いしかしないですよね。
自分たちが呼んだカメラマンのクレームを受けるなんて。

そんなことは起こり得てはいけないので、無理はしないで撮影をすべきです。
気になるアングルから撮れないのであれば、こっちから、など臨機応変に動いて良い写真を残すのが最低条件かと思います。

持ち込み問題に対してのまとめ

式場側、カメラマン側からいろいろと意見を書かせて頂きましたが、
新郎新婦のために!という思いは一緒のはずです。
お金のためじゃー!という方は冠婚葬祭に関わるのは間違いですので、さくっと辞めてくださいね笑

今回のチラシの騒動は書き方や伝え方が一方的過ぎて、
会場側の擁護はできませんし、そういった一方的な判断で新郎新婦に負担をかけるのであれば、
辞めて頂きたいという気持ちです。

しかし外部カメラマンが迷惑をかけているかもしれないということも事実としてあります。

お互いのことを思いやって、新郎新婦への思いを共有することができれば、
今後外部参入の壁も少しづつ小さくなるのかな、とも思います。

一人のフリーランスカメラマンとして、
そういった思いが少しでも会場側と共有できるように
もっと会話や思いやりをもっていきたいと思います。

もっと結婚式が自由にいろいろ選択できる時代にしていきたいですね!

ちゃんとまとまったか不安ですが笑
ここらへんで終わりたいと思います!

お読み頂き、ありがとうございました!

 

フリーランスカメラマン
高野和希

Pocket