写真を残すと人生が変わる話

Posted on
Pocket

こんにちわ。フォトグラファーの高野です。

ウェディングをメインに家族、企業、料理など撮影しておりますので、ご質問などお気軽にお問い合わせください。

今日のブログはタイトルの通りで、写真を残すと人生が変わるということについてです。

写真を残すと人生が変わる

人生が変わると聞いて、どんな変化なのか気になるかと思いますが、大きく分けると3つです。

  • プロフィールを変えて問い合わせが増えた
  • 商品の写真を変えて売上が上がった
  • 写りを気にするようになり、綺麗になった

最初の2つはビジネスに関することで、イメージがつきやすいかと思います。

iPhoneで撮影された写真をプロフィールにしている弁護士に依頼したいですか?きちんとした写真を使っている人のほうが信用できそうという期待が持てるのではないでしょうか?

同じくiPhoneで撮影された高級家電を買いたいと思いますか?

参考例ですが、iPhoneなどのスマホで撮影したものときちんとフォトグラファーに撮影されたものを使った写真は大きくビジネスにも影響を及ぼします。

ただ、今回は3つ目についてまとめていきます。

スポンサーリンク

どう変わるのか

まず結論から書くと、こちらの4点が結果として変化していきます。

  1. 体型が理想に近づく
  2. 綺麗になる、格好良くなる
  3. 写真に撮られることが好きになる(今撮られることが苦手な人)
  4. 自分に自信が持てるようになる

通販や啓発本みたいになってしまいますが(笑)これから何故変わっていくのかそれぞれ説明します。

ただ、ひとつだけ先に注意点を挙げると、一回の撮影ではなく、数ヶ月ごとや1年ごとなど、定期的に撮影することで効果がでます。

1回だけの撮影で変わる人もいるかもしれませんが、ほぼいないと考えて頂いて構わないです。

1と2については、写真を撮り自分を客観視することで、ダイエットや美容のモチベーションに繋がります。

撮影というタイミングに合わせて「今より綺麗にして残したい」「前回よりも細くなって撮りたい」という気持ちが出てきますので、常日頃から自分の外見について意識できるようになるからです。

3については、自撮りではなく、他人(プロのフォトグラファー)に撮影されることで、自分の知らなかったチャームポイントに気付けるからです。

フォトグラファーは撮影をするときに、どの角度、どのパーツがこの人の一番綺麗なところなのかを考えながら撮影していきます。

簡単なところで言えば、顔を正面から見て左右に分けたときに、目の大きさや口角の上がり具合、頬の位置などが違うので、そこを注目したりします。

写真を撮られるときに、自分の魅力を知っていれば、「写り悪いから撮られるのやだなぁ」と思わずに、魅力を押し出して待ち構える事ができます。

4については、1、2、3を実感していく中で出てくる変化です。

細くなって、綺麗になって、自分の魅力を再発見することで、自然に自信が持てるようになります。

自信が持てると、さらに1、2、3をブラッシュアップする流れになるので、好循環が生まれます。

タレントさんはその繰り返し

テレビや雑誌などに出ているタレントさんは、この繰り返しです。

もともとが綺麗、格好良いという部分もあるかもしれませんが、その時点の容姿だけでずっと生き残れる程、芸能界は甘くないはずです。

一般の人に比べて、人前に出て注目されることが数倍も多いために、半ば強制的に自分を見つめ直す機会があります。

そこで自分を客観的に見て、さらに改善していくことで綺麗になっていきます。

デビューしたてのアイドルはどこかビジュアル的にかわいいと思えない部分もありますが、年数を重ねていく毎にかわいくなっていると思います。

現状把握(客観的に自分を見る)→改善していく→その時点での現状把握→さらに改善、磨きをかけていく

この流れで変わっていきます。

これはタレントさんでも一般の人でも関係ないです。誰でもです。

よく仕事ではPDCAを回せ!などと言われてるかと思いますが、それを写真を残して現状を知ることでCから始めるということです。
*Plan,Do,Check,Actionの略です

いつ写真を撮れば良いのか

いつでも良いです。と言ったらおしまいですが、撮影するタイミングはいつでも良いです。

ただ、撮影すると決めたらその時点でフォトグラファーやヘアメイクさんにアポイントを取って下さい。

ここでアポイントを取ることで強制的に期限を決めます。

痩せたら撮る、綺麗になったら撮ると言う方で痩せた方も綺麗になった方も知ってる中では思い浮かびません。

また一番若い日は今この日で明日になれば1日老いることは事実です。若くて綺麗なときを残したいと思って行動に起こさないと後悔します。

撮ると決めたら、そこから意識し始めることが出来ますので、少しでも変化を起こせます。そして撮影された写真を見て、さらなる変化へのモチベーションに変えていくという流れになります。

おすすめなのは撮影した直後に次の撮影日を決めてしまうことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?写真1枚残すだけでモチベーションを高められ、自分の自信に繋がっていきます。

撮られることが苦手、自分に自信がないという人はもちろんですが、ウェディングを考えている方で綺麗に写る自信がないという方にもお勧めできます。

ウェディングは一生に一回、最高に綺麗な瞬間を残したくなる日です。そこに向けて3ヶ月に1度でも撮影をしていくことで自信を持って当日を迎えることが出来ます。

セルフィーでは気付かない魅力を見つけたり、ダイエットへのモチベーションにして、みんなで格好良く綺麗になっていければ良いなと思います!

スポンサーリンク

Pocket