コインランドリーで出会ったおばあさんの話

Posted on
Pocket

フォトグラファーの高野です。
ウェディングをメインに撮影しておりますが、家族写真や企業写真も撮影しておりますので、何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

これできる?これやったことある?などのざっくりとしたご質問でも大歓迎です。

さてつい先日ですが、コインランドリーを使っていたときに出会ったおばあさんが印象に残ることを言っていたので、ここに備忘録として纏めておこうと思います。

スポンサーリンク


コインランドリーに行ったときには、おばあさん2人がすでにいましたが、その時は特に何も意識せずに洗濯機に洋服を突っ込んでいました。
そこでおばあさんから話しかけられ、洗濯機が回り終わるまでに色々と話していました。

もうこの地域には住んで長いこと、ここのコインランドリーには週一回はくること、目の前のスーパーにはイートインがあってコーヒーを飲みながらまったり過ごせることなど、本当に日常のどうでも良いような会話でした笑

そこでいくつなの?と聞かれたので、あと少しで30歳になりますねーなんて会話をしていました。
*3月2日に無事30歳になりました!(メッセージやプレゼントお待ちしております笑)

おばあさんに年を聞くと、もうすぐ80歳と言っていて、見た目と活発さからはもう少し若いと思っていたので内心驚きました。

たくさん色々なことを経験されてきたと思いますが、戻れるならどの時代に戻りたいとかありますか?と訪ねたところ、
「戻りたい時間はない、時間は巻き戻したくないし、戻っても今と同じ時間の経過で良い」とのお答えが。

今まで同じような会話をしていて、大体が「大学時代かなー」「高校の時が一番楽しかった」などの学生時代に戻りたいという会話が多かったですし、自分自身学生時代に戻ってみたいと回答していました。

でも、この目の前のおばあさんは過去に戻ってみたいということは微塵も考えていないのです。
そんな回答が来るとは思っていなかったので、素直に驚いてしまい、「なんでですか?」ととりとめもない質問をしていました笑

おばあさんによると、今まで過ごしてきた時間で無駄になったものは一つもないし、そのときそのときで楽しんでいたから後悔しようもないとの事。

素敵すぎる。素敵すぎて、そのまま「素敵ですね」としか返せませんでした。

自分は勝手に80歳を目前に色々やり残したことや、後悔をもっているんだろうなーと思っていましたが、
目の前のおばあさんにはそんな考えはありませんでした。

そのときそのときを楽しむ、後悔のないように生きるということが幸せなことは、頭では理解していても、
いざ実際に行動するときには、なかなかそういう行動が起こせずに逃げてしまったりすることがほとんどです。

胸をはって、後悔がないといえるその人の生き方に格好良さと美しさを感じて、こうなりたいと改めて思いました。

これからは会社員でもフリーランスでも安定というものは、どんどん無くなっていきますし、それぞれ個やチームで成果を上げていかないと稼ぐことも難しくなってくるかと思います。

そういった時代になっても、この前お会いしたあばあさんのように、毎日精一杯楽しんで後悔なく過ごして生きていければ、きっと充実した人生になると信じてます!

良い意味で好き勝手に生きて、死ぬときには何の後悔もなく逝きたいですね。

追伸
一通り会話がおわったあとに、
あんた私を彼女にしなさいよ!と言われましたが丁重にお断りさせて頂きました笑

高野和希

スポンサーリンク


 

Pocket