絶対に持っておいた方が良いアイテム【カメラクリーニング編】

Posted on
Pocket

フォトグラファーの高野です。
ウェディングをメインに撮影しておりますが、家族写真や企業写真も撮影しておりますので、何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

これできる?これやったことある?などのざっくりとしたご質問でも大歓迎です。

スポンサーリンク


さて、カメラを持っている皆さん、カメラ綺麗にしてますか?

今回は出先でクリーニングすることをベースに纏めてみました。
「持ち運びしやすく、簡単に」という事を優先的に考えて決めました。

早速紹介していきたいと思います。

まずはこのクリーニングペーパーです。

これは本当にコスパ抜群。

1000円以下でウェトタイプのクリーニングペーパーが100個入ってます。
それぞれ個装されているので、必要な分だけ持っていくことができますし、色々なバッグに2〜3個ずつ忍ばせておくと、急な汚れにも対応しやすくなります!

皮脂などの汚れはもちろん、海辺での潮風での汚れや、砂煙や埃がすごい場所での撮影の時には必須アイテムです。

レンズなどを拭く時には、アルコールが結構染みてるので、そのまま使っても良いですが、
開けてから少しパタパタと扇いでアルコールを少し飛ばしてから使った方が乾きやすく痕になり辛いのでおすすめです。

スマホの画面やメガネにも自分は使っているので、一つあると本当に便利です。

次にこのレンズペンです。
メインのレンズ用はもちろんですが、ファインダー用もあるとかなり重宝します。

大きさは少し太めの万年筆くらいです。
こちらもクリーニングペーパーと同様にカバンに1つ入れておくべきアイテムです。

使い方は簡単で、まずはペンの先端にある山羊毛で、カメラやレンズについた簡単な汚れや埃を払っていきます。

そのあと、反対側の先端についているクリーナー部分でレンズを中心から円を描くように優しく磨いていきます。

磨いた後、もう一度山羊毛でレンズの表面を軽く払ったら完了です!

なぜこの順番かというと、最初に払える埃やゴミを払っておこないと、その異物と一緒に磨く事によって レンズに傷がついてしまうからです。
そして最後にもう一度山羊毛で払うのにも理由があります。

このレンズペンのチップにはカーボン粉末がつけられており、これがレンズの表面につくことによってゴミや埃などが付きにくくなるようになっています。

ただこの粉が多く残りすぎていても、写真に写ってしまう可能性がありますので、全て磨き終わったあとに、簡単にササッと掃いて必要以上分を落としてあげてください。

レンズ用以外にもファインダー用、フィルター用など数種類ございますが、使い方は全て同じです。

他にもブロアーなど必要なアイテムはありますが、旅行のときなどは荷物を減らしたいもの。
いろいろ持っていくとカメラ用品だけでカバンを圧迫してしまいます。

この2つがあれば、旅行や外出先のクリーニングはばっちりです。

ぜひぜひお試しくださいー。
あまりにもひどい汚れは難しいですが、撮影中についてしまう簡単な汚れはこの2つがあれば完璧です。

またおって写真付きで使い方など記事を作ろうと思います。

 

高野和希

Pocket