プロカメラマンがiPhone11のカメラ使ってみた

Posted on
Pocket

こんばんわ。

カメラマンの高野です。
フリーランスでウェディングをメインに撮影しておりますが、ここ最近はフード撮影や企業撮影も多くなってきております。

何か気になることあれば、お気軽にご相談ください。

さて、今回ですが、9/20にiPhone11シリーズが発売されて、発売日にiPhone11を手に入れたので、プロカメラマンとして、このiPhoneのカメラがどこまで進化したのか、少しですが撮ってきて確認してみました。

iPhone 11シリーズは買いか

まず結論として、今回のiPhoneのカメラは買いです。
個人的に望遠レンズはスマホでほぼ使わないので、11を選びましたが、望遠が欲しい方は11Proという選択肢になってしまいますので、そのあたりだけ気をつけて頂ければ今回のiPhoneのカメラの完成度はかなり高いです。

さて、スペックをだらだら書いてもわかりづらいと思いますので、画像を多めにして紹介していこうと思います。

こちらの画像は11で撮影した夜景です。
シンプルに綺麗ですよね。
空の雲も比較的見たまま描写しています。

iPhone8 Plusと比較

前のiPhoneとどのくらい違うのか、今回は夜景メインで比べてみましたので、ご覧ください。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

さらにペットボトルの部分をアップにしてみます。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

今まではこんなに暗かったのに、今回の11からはここまで明るく写すことができます。
右側のiPhone8 Plusで撮影したものはペットボトルがあるのはわかっても、となりのビニールの部分はほぼ潰れていて見えない状態です。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

次にこの写真ですが、これだけでもわかるように、左のiPhone 11で撮影したものの方が全体的にシャープな印象があります。

iPhone8 Plusで撮影したものは全体的にぼやっとしている感じです。
今までのiPhoneで撮影する夜景は大体こんな感じの仕上がりになっています。

アップにすると違いがわかりやすいです。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

iPhone11の方は数字が読めますが、iPhone8 Plusの方は文字部分が潰れてしまって、読むことができません。

同じ時間、同じ環境でも細部にここまで差が出てきています。
これだけ見てもかなりの進化が見てとれます。

次に冒頭お見せした夜景の比較です。

上 iPhone11 下iPhone8 Plus

ぱっと見あんま変わらない?と思うかもしれませんが、街灯の明かりを見てみてください。

iPhone 8Plusで撮影した方は全体的に光源がぼやっとしてしまってますが、
iPhone11はぼやっとせず、抑えられてます。

拡大するとこんな感じ

上 iPhone11 下iPhone8 Plus

iPhone8 Plusの方は光がぼわっと全体的に広がってしまっていて、その下の屋根部分が見えなくなってしまってますが、iPhone11の方は屋根部分の輪郭もはっきり残っています。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

これは見ただけでわかりますが、明るさがかなり違いますよね。
同じ環境でもここまで写せるようになりました。

左 iPhone11 右iPhone8 Plus

アップにしてみると、壁のシャープさもかなり違いがあることがわかりますね。

三脚等も何もなく、手持ちでここまで撮れればかなり優秀だと思います。

ナイトモード

今回のiPhoneのカメラからナイトモードという機能が入ってます。
そのため、夜景に強くなっているのです。
簡単にどんなモードなのかというと、こちらはシャッターは一回しか押しませんが、
iPhoneはその後1秒〜3秒間で何枚も写真を勝手に撮影して、綺麗に合成してます。

なのでセンサーが、レンズが、とかではなくソフトがめちゃくちゃ頑張ってくれて、綺麗な合成写真を作ってくれているという状態です。
何枚も写真を撮影して、それを綺麗に合わせるので、ノイズも少なくなり、シャープさも向上しているというわけです。

公式サイトでもナイトモードについて説明があります。
https://www.apple.com/jp/iphone-11/

プロからみたiPhone11のレベル

かなり高いと思います。

自分で写真をRAWで撮影して、LightroomやPhotoshopで編集する人からしたら、クオリティ的には納得いかないかもしれませんが、編集していない方の方が多いと思いますので、そういう方からしたら一気に撮影できる幅が広がると思います。

どんなに良いカメラ、レンズを持っていても、撮りたいときに持っていなかったり、すぐに撮影できる設定だったりしたら意味がないです。結局撮影出来ないんですから。

iPhoneや他のスマートフォンはポケットに入って、電話もLINEもメールもできて、さらにこのクオリティの写真です。

旅行に行くのにカメラの荷物が多くなって疲れてしまって、楽しめないのはもったいですし、海外であれば盗難などのリスクがあるのでストレスもかかります。

iPhoneであればポケットにいれたままで、撮りたいと思ったら取り出して下からスワイプするだけ。
しかも今までとは違い、夜景がここまで綺麗に撮れるであれば、iPhone一つでカメラは置いていった方がフットワーク軽く楽しめるので、旅行のクオリティは確実に上がると思います。

余談

5Gに対応していないから、今回は見送ると言っている方もいらっしゃいますが、その他の機能が気になるなら買った方が良いですよ。

理由としては、5G対応になったとしても日本中のインフラが5Gで整っているとも限らないですし、SIMフリー買っておけば、次の機種が出たときにすぐに売却できますので、かなりお得に買い替えもできるからです。

もちろん金額が金額ですので、簡単に買えないのはわかります。
ただ、カメラの機能気になってもんもんとしている方は、そのもんもんとしている間に綺麗に撮れるはずの写真を逃しているのですから、機会損失としては結構大きいと思います。

一旦買ってみてから考える(合わなきゃ即売却)、くらいのスタンスでも良いかもしれないですね。

 

高野和希

インスタグラムはこちら

Pocket